2013年11月アーカイブ

キャッシングの総量規制

総量規制が設定された事によって、キャッシングを利用できる金額に制限がかけられるようになりました。総量規制というのは、借り手の年収を基準として、その一定額までしか借りる事ができないというものです。本来は、借りる人が返済の計画をきちんと立てて、そして返済できる範囲で借りるべきなのですが、それができずに自己破産などをする人が増えてきたために規制が導入されたと考えられます。</span><br style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: 'MS PGothic', 'MS Pゴシック', 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', sans-serif; white-space: pre-wrap;" /><span style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: 'MS PGothic', 'MS Pゴシック', 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', sans-serif; white-space: pre-wrap;">具体的には、年収の3分の1までしか借りる事ができない事になっています。例えば、年収が450万円の人なら、借り入れの限度額は150万円までなのです。この規制があるために、借入限度額が大きいと宣伝されていても、契約をしたときには借入限度額が制限されることも多いのです。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。